ちょっとマジメに30代からの健康情報を書いて見た

健康について書いてみました。ほとんど独学です。そこで驚いた内容などをシェアします。

まず脳というものは、眠っている時間帯に身体の調子を整える指令とか、一日の情報を整理したりしますので、朝方というのは栄養が完全に不足している状態だそうです。そして脳の栄養となりますのは、糖だけ。

ただ砂糖ではない。ブドウ糖のようです。ここが重要です。

ほかにも今後健康として重要視されているのがよくいわれる白血球。白血球を増加して、免疫力を改善する力を持っているのがプロポリスであり、免疫力を増幅すると、がん細胞を殺す力も増強されるという結果になるのです。

 

なのでレントゲンはよく白血球をなくすと言われるのでちょい気をつけることが必要になってきます。

歯医者とかですね。

あと身体に足りない成分として「欠けている栄養はサプリで賄おう!」というのが、超大国の国民の多くの意見です。とは言っても、数多くのサプリメントを摂っても、必要量の栄養をもたらすことはできないと言われています。

 

サプリメントというのは、あなた自身の治癒力や免疫力を上向かせるといった、予防効果を主な目的とするためのもので、カテゴリー的には医薬品には入らず、野菜などと同じ食品のひとつです。

ですので、足りない成分を自分で把握することが重要ということになります。

 

便秘対策の為にバラエティーに富んだ便秘茶や便秘薬が製造・販売されていますが、ほぼすべてに下剤と似通った成分がプラスされていると言われています。こういった成分の為に、腹痛を発症する人だっています。
普段から多忙を極める状態だと、寝る準備をしても、直ぐに寝付くことができなかったり、寝たり目覚めたりを繰り返すせいで、疲労がとり切れないなどといったケースが多々あることと思います。

 

「こんなに元気なんだから生活習慣病なんて無縁だ」などと考えている方も、低レベルな生活やストレスのせいで、体はだんだんと正常でなくなっているかもしれませんよ。

 

バランスがとれた食事や計画的な生活、運動なども欠かすことはできませんが、病理学的には、これ以外に人々の疲労回復にプラスに働くことがあります。

 

フラボノイドの量が多いとされるプロポリスの機能が検査され、人気が出だしたのはそれほど古い話ではないのに、近年では、ワールドワイドにプロポリスを使用した商品が売れています。

 

パンまたはパスタなどはアミノ酸量が大したことありませんし、米と合わせて口に入れることはありませんから、肉類だの乳製品を合わせて摂るようにすれば、栄養をプラスすることができますので、疲労回復に有効でしょう。

 

ストレスが疲労の一つの原因となるのは、体全体が反応するようになっているからなのです。運動に取り組むと、筋肉が動いて疲労するのと全く一緒で、ストレスにより身体すべての臓器が反応し、疲れが出るのです。

 

口にした物は、消化器官を通りつつ、その器官の消化液内に含まれている消化酵素の作用により分解され、更に栄養素に変換されて全身の組織に吸収されるのだそうです。

 

健康食品と言いますのは、いずれにしても「食品」であって、健康増進に貢献するからといって、医薬品と同じ様な効果・効能を標榜したら、薬事法を犯すことになって、業務停止あるいは、最悪の場合逮捕されるでしょう。

 

生活習慣病にならないようにするには、自分勝手なくらしを改めることが最も大切になりますが、いつもの習慣を突然に変更するというのは簡単ではないと思われる人も稀ではないと思います。

 

こんな感じで健康の初歩ですが、ざっと説明してみました。

要所要所で足りない栄養素や自分の身体はそれぞれ違いがあると思いますので、気をつけてみてください。今回私のおすすめで例えば頻尿に悩まれている人。

こういった人はノコギリヤシのサプリが重要みたいですね。そこで有名なのがクレアギニンEXと言うサプリ。これが頻尿効果に非常に高いことで有名ですが、気になるのが副作用。

このクレアギニンEXの副作用についてはしっかりと載っているサイトもあります。

そして、私の友達で臨床工学技師がいるのですが体調が悪化すると透析なしで生きにくい身体になってしまうほど意外に重要な病気です。

 

 

そういった人はまずしっかりと自分の生活スタイルやお医者さんに診てもらうのが一番ですね。しかし、40代から既になる病気というか症状なので他人事ではなく私も捉えています。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ